災害時の避難所における新型コロナウイルスへの対応について

更新日:2020年06月29日

地震や風水害等の災害が発生し、避難所を開設する必要性が生じた場合、被災状況等によって、避難所の収容人数を考慮し、通常の災害発生時よりも可能な限り多くの避難所の開設を図るなどの検討を行います。

避難場所など密集した環境下での集団生活等では、ノロウイルス等による感染性胃腸炎やインフルエンザ、新型コロナウイルスなどの感染が拡大するリスクが高まります。

避難とは難を避けることであり、安全な場所にいる人は、感染リスクを負ってまで避難場所に行く必要はありません。

感染リスクを避けるため、災害発生時の避難に備えて平時から準備しておきましょう。

避難場所に避難する必要があるのか確認しましょう

親戚や友人の家等への避難の検討

避難先は小中学校・公共施設だけではありません。災害時に避難所が過密状態になることを防ぐため、安全な親戚や友人の家等への避難を検討しましょう。

避難場所へ持参するもの

市で準備できる物品には限りがあります。ご自身の健康状態を確認するための体温計など、可能な限り、予め準備している非常持出品に加えておき、万一の際に持ち出すことができるようにしておきましょう。

主なもの

マスク(タオル等)

石鹸、アルコール消毒液(ウエットティッシュ等)

体温計

寝具(毛布等)

食料・飲料水

携帯ラジオ

モバイルバッテリー

持病薬

スリッパ

ビニール手袋

手洗い、咳エチケット等の基本的な対策の徹底

避難者や避難所運営スタッフは、頻繁に手洗いするとともに、咳エチケット等の基本的な感染対策を徹底しましょう。

避難所の衛生環境の確保

物品等は、定期的に、および目に見える汚れがあるときに、家庭用洗剤を用いて清掃するなど、避難所の衛生環境をできる限り整えましょう。

十分な換気の実施、スペースの確保等

避難所内については、十分な換気およびスペースの確保に留意しましょう。

遠くの親戚や知人の家に避難する場合は、避難途中に災害に遭わないよう、避難情報を待たずに早めに避難を完了させましょう。(気象情報をこまめにチェックすることが重要です。)

防災マップで自宅での安全確保が可能か確認しましょう。

車中泊をする場合、安全な場所を選択するとともに、エコノミークラス症候群に注意しましょう。

参考情報

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策部 危機管理・防災課
電話番号:0748-71-2311
ファックス:0748-72-2000

メールフォームでのお問い合わせ