レベル2「コロナとのつきあい方滋賀プラン」に基づく対応ついて

更新日:2022年02月09日

ステージ判断が「レベル2」に見直されました

滋賀県では、「コロナとのつきあい方滋賀プラン」を策定し、客観的指標により5段階にステージを分け、「社会経済活動の再開」「感染者が再度増えてきた際の対策強化」を判断するとともに、それぞれステージに応じて必要な対策を講じてくこととしています。

現在のステージは「レベル2」です。(令和4年1月7日から)

「レベル2」は”警戒を強化すべきレベル”です

・感染急拡大!

・さらなる拡大を防ぐため、一人一人の警戒レベル引上げを!

基本的な感染対策の徹底

新型コロナウイルスワクチン接種後も基本的な感染対策の継続をお願いします。

手洗い、マスクの着用、密の回避(換気、距離の確保)などの徹底

 

感染リスクが高まる「5つの場面」に注意

1. 飲酒を伴う懇親会

2. 大人数や長時間におよぶ飲食

3. マスクなしでの会話

4. 狭い空間での共同生活

5. 仕事から休憩室などへの居場所の切り替わり

家庭での感染対策を徹底(気を付けていただきたい4つのポイント+1)

・ 会食する際には感染予防をし、なるべくいつも一緒にいる人と認証店舗で

・ 食事の時間をずらす、部屋を分ける、同室で過ごす場合はマスクの着用

・ 車の中でも適度な喚起やマスクの着用

・ 帰宅時および飲食前の手洗いや、咳エチケットの実施、タオルを共有しない など

・ 栄養や休養をしっかりとる、適度な運動の実施、ストレスをためないなどコロナに負けない健康づくりを

職場での感染対策を徹底

・ 体調に違和感がある場合は出勤を控える など

・ 体調に不調を感じた時は早めに申告する など

・ 会話をする際はマスクを着用し、休憩・更衣・食事の時間をずらす など

・ テレワーク勤務や時差出勤の活用 など

 

外出について

・ 不要不急の都道府県間の移動は極力控える

・ 混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出は控える

会食について

・ 会食はいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安とするなど感染リスクを下げる工夫をして行う

新型コロナウイルスワクチン接種について

・ 追加接種の接種券が届いた方・未接種の方は、発症予防・重症化予防等の観点から、ワク

チンの種類にかかわらず前向きな接種の検討を

・特に、65歳以上の高齢者や基礎疾患のある方は、早めの接種の検討を

クラスターが多く発生している施設での感染対策の徹底

施設・事業所

・業種別感染拡大予防ガイドラインに基づく感染防止策を徹底し、利用者にも感染防止策への協力を依頼

・新型コロナウイルス感染症拡大防止システム「もしサポ滋賀」の導入と「感染予防対策実施宣言書」の掲示

・テレワーク・時差出勤の積極的な活用など職場での感染対策を徹底

・職員に風邪症状を認めた場合、自宅で静養できる体制の確認

・多数の職員が濃厚接触者、陽性者となった場合のBCP(業務継続計画)の点検・策定を行う

 

学校

・各教科における「感染症対策を講じてもなお感染のリスクが高い学習活動」については、自粛を検討

・部活動についても、各教科等における活動の制限に準じ、感染リスクの高い活動は自粛を検討

 

保育所等

・遊具や玩具等を共有する場合は、こまめな消毒、交換等を徹底

・食事の場面では、前後の手洗いを徹底し、可能な範囲で机を向かいあわせにしない等の対応の対応を徹底

 

高齢者福祉施設等

・高齢者福祉施設等の従事者に対する、集中的・一斉的な検査の積極的な利用

・職員は普段の生活から自己の感染予防および健康観察に注意

・食事介護・入浴支援時におけるマスク着用など、入所者や他の職員に感染させないような介護や行動を行う

・ワクチン接種がまだの場合は、職員を含めた接種を検討

検査受験について(~当面の間)

・ 感染リスクが高い環境にある等のため感染不安を感じる無症状の方は、無料検査実施事

業者での受検を

企業・団体の皆さまへ

・ 職員に風邪症状を認めた場合、自宅で静養できる体制の確認を

・ 多数の職員が濃厚接触者、陽性者となった場合の業務継続方法についても確認を

新型コロナウイルス感染症にかかるイベント対策

(1)イベントを開催する場合は下記の表を目安に開催

・必要な感染防止策が担保される場合には、収容率と人数上限でどちらか小さいほうを限度(両面の条件を満たす必要)とする

 

(2)感染防止安全計画の策定等について

・感染防止安全計画を策定にあたり、県HPを確認の上、所要の手続きを行うこと

・感染防止安全計画を策定したイベントは、イベント終了後、1か月以内を目安に結果報告書(県HPに掲載の様式)を県に提出すること

・感染防止安全計画を策定しないイベントについては、感染防止策等のチェックリスト(県HPに掲載の様式)を作成・公表し、イベント終了日より1年間保管すること

 

(3)業種別ガイドラインについて

・イベント主催者等、(2)の策定等に関わらず、業種別ガイドラインの対策を実践すること

 

【滋賀県新型コロナ対策相談コールセンター】

○電話番号:077-528-1344

○開設時間:9時00分~17時00分(平日のみ)

 

イベント開催の目安

滋賀県コロナ対策重点措置(令和4年2月7日)

滋賀県コロナ対策重点措置

感染リスクが高まる「5つの場面」に注意

感染リスクが高まる「5つの場面」に注意

家庭で気を付けていただきたい4つのポイント +1

家庭で気を付けていただきたい4つのポイント+1

職場内感染を防ぐ4つのポイント

職場内感染を防ぐ4つのポイント

感染を防ぎ楽しく飲食するために気をつけていただきたい3つのポイント

感染を防ぎ楽しく飲食するために気をつけていただきたい3つのポイント

感染を防ぎ楽しく飲食するために飲食店に気をつけていただきいたい5つのポイント

感染を防ぎ楽しく飲食するために飲食店に気をつけていただきいたい5つのポイント

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策部 危機管理・防災課

電話番号:0748-71-2311

ファックス:0748-72-2000

メールフォームでのお問い合わせ