体罰等によらない子育てを広げよう!

更新日:2021年07月06日

  2020年4月の児童福祉法等の改正により、児童のしつけに際して、体罰を加えることが法律で禁じられています。

なぜ体罰はいけないの?

  体罰等が繰り返されると、子どもの心身の成長・発達にさまざまな悪影響が生じる可能性があります。これは科学的にも明らかになっています。

しつけと体罰はどう違うの?

  しつけとは、子どもの人格や才能等を伸ばし、自律した社会生活を送れるようにサポートしていくことです。そのためには、体罰ではなく、どうすればよいのかを言葉や見本を示すなど、本人が理解できる方法で伝える必要があります。

詳細はこちら

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 子ども政策課 家庭児童相談室

電話番号:0748-71-2345

ファックス:0748-72-3788

メールフォームでのお問い合わせ