国民健康保険税の税率と計算方法

更新日:2020年06月04日

令和2年度の国民健康保険税の税率など

国民健康保険税の算定は、加入者の医療費に使われる医療分、後期高齢者医療制度への支援として使われる支援金分、および40歳から64歳までの被保険者の介護分で計算します。それぞれの税率は次のとおりです。

所得割額

加入者の前年の所得金額に応じた負担額

(加入者の前年所得-33万円(基礎控除))×所得割率=所得割額

均等割額

世帯内の加入者の人数に応じた1人あたりの負担額

平等割額

1世帯あたりの負担額

区分別税率一覧

区分

所得割率

均等割額

平等割額

医療分

所得割対象額 ×6.4%

26,200円

19,200円

後期高齢者支援金分

所得割対象額 × 2.2%

8,900円

6,800円

介護分

(40歳~64歳)

所得割対象額 × 1.9%

9,900円

4.900円

令和2年度の課税限度額(年税額の上限)

医療分、後期高齢者支援金分、介護分を算出した際に、それぞれの次の限度額を超えた場合は、限度額での課税となります。

課税限度額一覧
医療分 630,000円
後期高齢者支援金 190,000円
介護分 170,000円

国民健康保険税の計算例

【ケース1】2人世帯

世帯主(70歳)…所得160万円(公的年金収入が280万円)
妻(70歳)…所得0円(公的年金収入が 80万円)

医療分

所得割…(160万円-33万円(基礎控除))×6.4%=81,280円
均等割…26,200円×2人=52,400円
平等割…19,200円
合計(所得割+均等割+平等割)…152,880円

支援金分

所得割…(160万円-33万円(基礎控除))×2.2%=27,940円
均等割…8,900円×2人=17,800円
平等割…6,800円
合計(所得割+均等割+平等割)…52,540円

介護分

65歳以上のため0円

年税額は、医療分152,880円+支援金分52,540円=205,400円となります。

【ケース2】4人世帯

世帯主(45歳)…営業所得250万円
妻(45歳)…所得0円
子(17歳)…所得0円
子(15歳)…所得0円

医療分

所得割…(250万円-33万円(基礎控除))×6.4%=138,880円
均等割…26,200円×4人=104,800円
平等割…19,200円
合計(所得割+均等割+平等割)…262,880円

支援金分

所得割…(250万円-33万円(基礎控除))×2.2%=47,740円
均等割…8,900円×4人=35,600円
平等割…6,800円
合計(所得割+均等割+平等割)…90,140円

介護分

所得割…(250万円-33万円(基礎控除))×1.9%=41,230円
均等割…9,900円×2人=19,800円
平等割…4,900円
合計(所得割+均等割+平等割)…65,930円

年税額は、医療分262,880円+支援金分90,140円+介護分65,930円=418,900円となります。

所得金額による軽減判定

国民健康保険の加入世帯で、世帯主と被保険者の合計所得が一定額以下の場合は、均等割額と平等割額を軽減します。

軽減判定一覧

7割軽減

被保険者と世帯主の総所得金額が33万円以下

5割軽減

被保険者の総所得金額が33万円+(285,000円×被保険者数)以下

2割軽減

被保険者の総所得金額が33万円+(52万円×被保険者数)以下

  • 国民健康保険に加入していない世帯主(擬制世帯主)の所得も判定基準に合算します。
  • 世帯主・被保険者のだれか一人でも所得が分からない場合は判定できないので、所得のない人や非課税年金(障害者年金、遺族年金など)のみの人も必ず申告をしてください。
  • この軽減についての申請は不要です。所得が基準以下であれば自動的に適用されます。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 税務課 市民税係
電話番号:0748-71-2319
ファックス:0748-72-2460

メールフォームでのお問い合わせ