建設工事における最低制限価格の算出基準の改正について

更新日:2019年07月01日

 「中央公共工事契約制度運用連絡協議会モデル(中央公契連モデル)」の一部改正に伴い、平成29年10月1日以降に公告する建設工事に係る入札案件より、最低制限価格の算出基準を以下のとおり改正します。

  1. 予定価格算出の基礎となった次に掲げる額の合計額
    1. 直接工事費の額に100分の97を乗じて得た額(改正前100分の95)
    2. 共通仮設費の額に100分の90を乗じて得た額
    3. 現場管理費の額に100分の90を乗じて得た額
    4. 一般管理費の額に100分の55を乗じて得た額
       
  2. 特別なものについては、上記にかかわらず、予定価格の100分の70から
    100分の90までの範囲内で適宜定めることができる。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 総務課 総務・契約係
電話番号:0748-71-2313
ファックス:0748-72-3390

メールフォームでのお問い合わせ