平成29年12月湖南市定例教育委員会 会議録

更新日:2019年07月01日

開催日時

平成29年12月18日(月曜日) 午後2時00分から

開催場所

湖南市役所 西庁舎 教育委員会室

会議に付した案件

日程第1 報告第87号

湖南市教育委員会の経過報告について

日程第2 報告第88号

後援・共催名義の使用承諾について

  1. 冬季強化練習会(後援)
  2. 平成29年度市町PTA連携交流研修会(後援)
  3. ヤングアメリカンズジャパンツアー2018(後援)

日程第3 報告第89号

市内児童生徒の問題行動について

日程第4 報告第90号

市内児童生徒の交通事故について

日程第5 報告第91号

平成29年度要保護・準要保護児童生徒就学援助費の支給認定について

日程第6 報告第92号

「湖南市の小さな詩人たち事業」表彰式について

日程第7 報告第93号

冬期休業中における授業日の設定について

日程第8 議案第56号

後援・共催名義の使用承諾について

  1. 「eスクールステップアップキャンプ」2017西日本大会(後援)
  2. 滋賀レイクスターズホームゲーム「滋賀レイクスターズVS横浜ビー・コルセアーズ」甲賀・湖南市民DAY(後援)
  3. SOMPOボールゲームフェスタ(共催)
  4. VORLESEN・声優朗読会(後援)
  5. 石部高校吹奏楽部 第3回定期演奏会(後援)

日程第9 議案第57号

ウツクシマツプロジェクト検討委員会設置要綱の制定について

日程第10 協議事項

  1. 平成30年2月定例教育委員会の開催日程について
    平成30年2月19日(月曜日) 午後2時00分から
  2. その他

会議に出席した委員

教育委員4名

会議に欠席した委員

教育委員1名

会議に出席した事務局職員

8人

会議を傍聴した人

なし

会議内容

日程第1報告第87号 湖南市教育委員会の経過報告について

提出資料に基づき報告第87号、湖南市教育委員会の経過報告をする。

 日程第1報告第87号、湖南市教育委員会の経過について説明いたします。11月29日から本日12月18日までの報告です。
 まず11月29日、市議会の本会議が始まっております。昼からは道徳教育研究発表会で日枝中学校に行きました。参加者は100名あまりと中学校の教科研究会としては、非常にたくさんの先生方が来られていました。授業公開された1年生の教諭は専門教科が国語、2年生の教諭は音楽、3年生の教諭は英語であり、それぞれ普段は道徳を専門教科として授業を行っている教員ではありません。中学校は教科担任制ですので、今まで教えていた専門教科以外に道徳を教えていくことになりますので、それだけ注目されているのかなと感じたところでございます。
 11月30日には、滋賀県母親連絡会の役員が来庁されました。次年度の滋賀県母親大会の会場を湖南市でお願いしたいということで、先般から相談を受けておりましたが、学校に理解いただき、芝生化されたグラウンド等も見て、次年度の会場は石部小学校に決まりました。
 12月6日からは市議会の本会議が行われております。教育委員会に係る一般質問としては、赤祖父議員、望月議員、植中議員、立入議員、細川議員、堀田議員からありました。質問内容については資料に示したとおりです。
 12月11日は、業務改善に係る管理者研修会を行いました。47ページに載せておりますが、京都新聞にて大きく取り上げていただいています。講師には、教師の働き方改革のコンサルタント活動をされています澤田真由美さんに来ていただき、講演等を行っていただきました。この研修は職階別に開催しており、一般教諭・校長・教頭・事務職等という形で研修を行っています。
 12月12日、「甲西中議会」。東庁舎4階の議場を使用し、甲西中学校3年生によるまちづくり提案が行われました。観光客を呼ぶまちづくりのアイディア・定住者を増やすまちづくりのアイディア等を出し、「社会科」で学習した内容を「国語科」の話し合うことと関連させ、社会科・国語科の合化学習の取組の一つとしてこの授業が行われました。
 議場を使用した授業で、他市町でもやられている形式としては、子ども側が質問し執行部である市役所職員が回答するという形があります。今回甲西中学校は、子どもが提案しその提案に子どもが質問、議論を深め、話し合い、考えた出した提案をそのクラスの提案として湖南市へ提案するという流れでした。翌日13日にも同様の授業が行われておりますが、私が参加できておりませんので記載しておりません。市長と学校教育課長がそれぞれコメントし、講評を行っております。このような取組は、他中学校にも主権者教育の一つの事例として広めていきたいと思っております。
 12月13日、校長面談が始まっております。各小中学校長の学校づくりの中間報告および人事構想等について話をしています。12月15日にも行っています。
 12月16日、第25回全国中学校駅伝大会の開会式が行われ、石部中学校の生徒会長が歓迎の言葉を述べました。もちろん、原稿を見ずに、歓迎の言葉の中には谷川 俊太郎さんの「走る」という詩を挿入し、立派な歓迎の言葉を述べてくれました。三日月滋賀県知事も大変感激されておりました。司会等もすべて立派にやってくれたと思っております。翌12月17日、25年目にして初めて地元選抜チームが全国駅伝大会に出場いたしました。全国から勝ち抜いてきたチーム中で、選抜チームといえども県大会で勝ち残っていないチームが出場するのは、実力差があり、かえって出場した生徒がつらい思いをするのではないかという意見もありました。しかし、男子はアンカーの生徒が5名程抜きまして、41~43番目くらいにゴールしていましたし、女子は44位が滋賀県チームであり、その次に帰ってきましたので、非常に頑張ってくれたと思っております。
また、市内中学生が補助役員としてさまざまな場面で活躍くださいました。

 6ページからは校長会・教頭会の指示事項を示しております。
 12ページをご覧ください。湖南市教育を売り出し、湖南市が取り組んでいることを新聞に掲載いただくことで、広く湖南市教育を知ってもらうことが大切であるとお話をしてきましたが、今月は多くの学校が新聞に掲載されました。

14ページ、(5)移動図書館車「マツゾウくん」の巡回コースを変更することについては、校長会で話をし了解を得たということであります。特に湖南市では、すべての学校に学校司書を配置していますので、学校司書を活用して読書量を増やす取組を、ぜひ進めていただきたいとお願いしたところです。
 17ページからは新聞資料になります。特に、新しい大学入試テストに現中学校3年生から受験をしていくことになりますので、関連記事を載せております。新しい試験では、記述式の問題等、思考力・判断力が試されるということですが、20ページのコラムの記事を見ますと、「幕府はポルトガル人を追放し、大名には沿岸の警備を命じた」という文と、「ポルトガル人は追放され、幕府は大名から沿岸の警備を命じられた」という文が同じ意味だと答える中学生が43%いた、という衝撃の結果が掲載されています。やはり「読書の訓練が非常に大事」という作家 丸谷 才一さんの意見にも下線を引いておきました。現在、平成30年度の教育方針をさまざまな御意見を受けて練り直しているところですが、次年度の教育方針には「読書の強化」をもう少し強く示していこうと考えております。
 31ページからは部活動に関する記事、34ページは仮眠に関する記事になります。以前より、各学校でできないかと呼びかけておりましたが、これまでは、昼休みに仮眠をさせると5時間目の授業がはかどる、脳が活性化するといった生徒の仮眠についてお話をしてきました。今回は、昼寝をすることで作業の効率化が高まり、結果として勤務時間を短縮できる、業務改善の面からも良いのではないかという内容になります。この件については、各学校の自主的な判断で取り入れてもらえないかと思っているところです。
 以上、簡単でありますが教育長報告とさせていただきます。
 何かご質問等ございましたらお願いいたします。

質疑、意見等

岩城委員

 中学校駅伝ですが、地元選抜チーム・ドリームチームが出場できてよかったと思います。以前ドリームチームの出場について、市内の校長先生とお話しましたが、先生は反対派ばかりでした。レベルが違いすぎて、1周・2周遅れになってしまうと生徒たちはガッカリして、やる気をなくしてしまう、出場はやめた方がいいのではないかと考える先生が多かったです。僕はその考え方は違うのではないだろうかと疑問に思っていました。今回の結果を受けまして、教育は、教える側が消極的になってしまうのではなく、子どもたちに冒険させる方向に持っていくべきだと改めて感じました。

谷口教育長

 そうですね。先生方には、子どもたちが冒険できる方向でさまざまなことを考えるようにしてほしいと思いますね。また、全国レベルの雰囲気を感じることは滅多にできないことですし、選手以外にスタッフとして参加してくれた生徒にとっても、いい経験になったのではないかと思います。

岩城委員

 12月12日、甲西中学校の試みに興味があります。このような取組を各中学校、積極的にしてほしいと思います。

谷口教育長

 甲西中学校は、学校の立地的にも東庁舎にある議場がとても使いやすいです。他の中学校は、東庁舎まで距離がありますので、どのようにして議場まで来るか等、実施するには課題もいくつかあります。ですが、実際に議場を使い、議論した「まちづくり提案」を市長・副市長・教育長に発表しコメントをもらう、といった取組は教室で行う授業とは異なる緊張感もありますし、この授業でしか得られないこともあると思いますので、とても良い試みだと思います。

岩城委員

 市の職員への質問で終わるのではなく、生徒たち自身で考え議論することは大事だと思います。ぜひ続けてほしいです。

森本委員

 甲西中学校単体の取組ですが、他の中学校と合同でというのはどうでしょうか。学校間の交流のような形でできるのであれば、他の学校の意見も聞けますし、授業の幅が広がるのではないかなと思います。

谷口教育長

 なるほど。今回ですと執行部側に3年3組、議員側に3年4組という形ですすめていましたが、執行部・提案側に石部中学校、議員・質問側には甲西中学校というように、学校の垣根を越えて行うということですね。これまでの取組よりワンランクアップした授業になりますしおもしろいと思います。

岩城委員

 「観光客を呼ぶまちづくり」・「定住者を増やすまちづくり」とありますが、事前に調べ学習等が行われたのですか。

谷口教育長

 はい、まちづくり事業を行うには費用がどのくらいかかるか、また先進事例で成功している市町がどこにあるか等を調べています。

上西委員

 具体的には、どのような提案がでていたのですか。

谷口教育長

 駅をイルミネーションで飾り観光客を呼ぼうといった内容の提案等がございました。
 地域創生推進課にて、大学生等の若者が市へまちづくり提案をするといった事業が行われています。次年度は、中学生チームが一般の方たちに交じりまちづくり提案を行うというのもおもしろいかなと考えているところです。

上西委員

 私が気になりましたのは、生徒の姿勢です。市内の学校にはよく行かせてもらっていますが、以前からも気になっていました。この教育委員会議においても、中学生の脊柱側弯傾向と診断された生徒の人数の増加についてお話がありましたよね。

谷口教育長

 そうですね。9月議会で答弁しましたが、小学生は医師の受診を指示された児童はゼロでしたが、中学生は各中学校15名ずつ程おりました。来年度の教育方針にも示す予定ですし、今年度できることから取り組んでほしいと校長会にて指示しています。

谷口教育長

 他に何かありますか。ないようですので、承諾することについてよろしいですか。

各委員

  全員承諾

谷口教育長

 それでは報告第87号について、承認することといたします。

日程第2報告第88号 後援・共催名義の使用承諾について

提出資料に基づき報告第88号、後援・共催名義の使用承諾について説明する。

(1)名称 冬季強化練習会(後援)

主催

滋賀県中体連バケットボール専門部

期日

平成30年1月26日から27日

会場

湖南市総合体育館

(2)名称 平成29年度市町PTA連携交流研修会(後援)

主催

湖南市PTA連絡協議会

期日

平成30年1月20日

会場

甲西文化ホール

(3)名称 ヤングアメリカンズジャパンツアー2018(後援)

主催

NPO法人じぶん未来クラブ

期日

平成30年5月4日から6日

会場

大津市民会館

質疑、意見等

谷口教育長

 何かありますか。ないようですので、承諾することについてよろしいですか。

各委員

  全員承諾

谷口教育長

 それでは報告第88号について、承認することといたします。

日程第3報告第89号 市内児童生徒の問題行動について

提出資料に基づき報告第89号、市内児童生徒の問題行動について説明する。

 非公開

質疑、意見等

谷口教育長

承認することについてよろしいですか。

各委員

 全員承諾

谷口教育長

それでは報告第89号について、承認することといたします。

日程第4報告第90号 市内児童生徒の交通事故について

提出資料に基づき報告第90号、市内児童生徒の交通事故について説明する。

 非公開

質疑、意見等

谷口教育長

承認することについてよろしいですか。

各委員

 全員承諾

谷口教育長

それでは報告第90号について、承認することといたします。

日程第5報告第91号 平成29年度要保護・準要保護児童生徒就学援助費の支給認定について

提出資料に基づき報告第91号、平成29年度要保護・準要保護児童生徒援助費の受給認定について説明する。

 非公開

質疑、意見等

谷口教育長

承認することについてよろしいですか。

各委員

 全員承諾

谷口教育長

それでは報告第91号について、承認することといたします。

日程第6報告第92号 「湖南市の小さな詩人たち事業」表彰式について

提出資料に基づき報告第92号、「湖南市の小さな詩人たち事業」表彰式について説明する。

 本年度で10回目となりました「湖南市の小さな詩人たち事業」です。学校内での1次選考、11月9日公募市民による2次選考、11月16日の最終選考を経て、資料のとおり表彰者が決まりました。来年1月19日4時より、石部文化ホールにて表彰式を行います。教育委員の皆さまには、案内を配付いたしますので、ぜひ来ていただけたらと思います。特に今年度は表彰式だけではなく、水口ライオンズクラブさんより、図書カード・表彰式にかかる諸費用すべてを寄贈いただいておりますので、感謝状の贈呈を行います。
 また、平成24年度の詩部門で最優秀賞となり、岩波書房の教科書に掲載された詩、現在高校2年生になったこの詩の作者である生徒さんに声をかけまして、当日会場にて詩を朗読していただくことになりました。5年間の作品をまとめた冊子「おじいちゃんの手」も作成する予定です。また、朗読のプロの方にも来ていただき、今回の表彰者の詩を朗読してもらいます。新しい取組も交え、表彰式を行いますので、ぜひ参加していただけたらと思います。
 以上でございます。

質疑、意見等

谷口教育長

 ぜひ出席をお願いしたいと思います。何かありますか、ないようですので、承諾することについてよろしいですか。

各委員

  全員承諾

谷口教育長

 それでは報告第92号について、承認することといたします。

日程第7報告第93号 冬期休業中における授業日の設定について

提出資料に基づき報告第93号、冬期休業中における授業日の設定について説明する。

 別紙資料をご覧ください。市内4中学校より1月5日に実力テストを実施する旨、届出がでています。小学校は特にございません。
 以上でございます。

質疑、意見等

谷口教育長

 質疑もないようですので、承諾することについてよろしいですか。

各委員

  全員承諾

谷口教育長

 それでは報告第93号について、承認することといたします。

日程第8議案第56号 後援・共催名義の使用承諾について

提出資料に基づき議案第56号、後援・共催名義の使用承諾について説明する。

(1)名称 「eスクールステップアップキャンプ」2017西日本大会(後援)

主催

一般財団法人 日本視聴覚教育協会

期日

平成30年2月3日

会場

草津市立サンサンホール

趣旨

ICTを活用した授業のための段階的研修プログラムの開発実施を目的とし、「環境」「研修」「事例共有」の3つを、それぞれのICT導入段階に応じて具体的体験的な情報提供を行う。

(2)名称 滋賀レイクスターズホームゲーム「滋賀レイクスターズVS横浜ビー・コルセアーズ」甲賀・湖南市民DAY(後援)

主催

日本バスケットボール協会

期日

平成29年12月29日・30日

会場

滋賀県立体育館ウカルちゃんアリーナ

趣旨

甲賀・湖南市の子どもたちとその保護者を対象に、プロバスケットボールの試合を観戦する機会をつくり、スポーツの普及と地域活性化につなげることを目的とする。

(3)名称 SOMPOボールゲームフェスタ(共催)

主催

湖南市文化体育振興事業団

期日

平成30年2月25日

会場

総合体育館・野洲川親水公園

趣旨

日本のトップアスリートから直接指導のもと、ボールゲームを通じスポーツの楽しさ・魅力を再発見し、スポーツ振興に役立てることを目的とする。

(4)名称 VORLESEN・声優朗読会(後援)

主催

湖南市文化体育振興事業団

期日

平成30年3月17日

会場

甲西文化ホール

趣旨

クラシック音楽を若者に広く普及するため、ピアノ演奏に合わせ、親しみのあるアニメ声優による朗読会形式のコンサートを開催する。

(5)名称 石部高校吹奏楽部 第3回定期演奏会(後援)

主催

県立石部高校吹奏楽部

期日

平成30年3月18日

会場

甲西文化ホール

趣旨

石部高校吹奏楽部の活動における今年度の成果を、保護者や地域の方々、学校内外へ発表する場とする。

質疑、意見等

谷口教育長

 審議結果につきまして異議なしと認め、議案第56号について可決することとしてよろしいですか。

各委員

  全員異議なし

谷口教育長

 異議なしと認め、議案第56号を可決いたします。

日程第9議案第57号 ウツクシマツプロジェクト検討委員会設置要綱の制定について

提出資料に基づき議案第57号、ウツクシマツプロジェクト検討委員会設置要綱の制定について説明する。

 ウツクシマツプロジェクトにつきましては、8月28日の総合教育会議の議題にも上がっておりましたので、御存じいただいているかと思います。

現在、ウツクシマツプロジェクト会議を、教育長を筆頭に庁内関係機関で集まり、これまで3回開催させていただきました。来年度、大学教授の方々等も含めて、ウツクシマツの保存活用計画策定委員会を発足するに当たり、その準備段階として庁内のウツクシマツプロジェクト会議の構成員に加えて、地元の方々・滋賀県の林業の専門家等、外部委員さんも含めて、ウツクシマツプロジェクト検討委員会を立ち上げるため、資料のとおり設置要綱の制定を進めております。
 提出資料をご覧ください。委員は15名以内で組織し、学識経験者・地元経験者、それ以外の委員は関係行政機関の職員に教育長が委員を委嘱するという形で考えております。任期については、平成30年1月から保存活動計画策定委員会が終了する見込みの平成32年3月31日までを予定しております。
 具体的には、今年度の会議の開催は2回程度を考えております。まずは保存活動計画策定委員会のメンバーを決め、どういったことを進めていくのかについて、湖南市役所と地元の方々、滋賀県の林業普及センターの方、森林整備事務所の方などの意見を聞きながら、統一した見解をつくっていきます。今後の道筋を立ててから保存活動計画策定委員会に臨むため、今回検討委員会を設置いたします。
 以上でございます。ご審議お願いいたします。

質疑、意見等

谷口教育長

 任期期間について、再度お教えください。

事務局

 2年と3カ月になります。

谷口教育長

 保存活用計画を策定し、国等からの補助金をもらうことで、保存活動を進めていくということですね。

谷口教育長

 審議結果につきまして異議なしと認め、議案第57号について可決することとしてよろしいですか。

各委員

  全員異議なし

谷口教育長

 異議なしと認め、議案第57号を可決いたします。

その他

平成30年2月定例教育委員会の開催日程について

日時

平成30年2月19日 月曜日 午後2時00分から

閉会 午後3時20分

この記事に関するお問い合わせ先

教育部 教育総務課

電話番号:0748-77-7010

ファックス:0748-77-4101

メールフォームでのお問い合わせ