平成30年3月湖南市定例教育委員会 会議録

更新日:2019年07月01日

開催日時

平成30年3月22日(木曜日) 午後2時30分から

開催場所

湖南市役所 西庁舎 教育委員会室

会議に付した案件

日程第1 報告第17号

湖南市教育委員会の経過報告について                       

日程第2 報告第18号

後援・共催名義の使用承諾について

  1. 平成30年度湖南市体育協会および傘下競技団体が主催する主要事業(共催)
  2. 平成30年度湖南市スポーツ少年団主催事業(共催)
  3. 第31回滋賀生命尊重のつどい(後援)
  4. かふか合唱協会40周年コンサート(後援)

日程第3 報告第19号

市内児童生徒の問題行動について     

日程第4 報告第20号

市内児童生徒の交通事故について

日程第5 報告第21号

平成29年度要保護・準要保護児童生徒就学援助費の支給認定について

日程第6 報告第22号

平成29年度区域外就学・指定校変更について

日程第7 報告第23号

平成29年度楽しくて力のつく湖南市教育ついて

日程第8 議案第11号

後援・共催名義の使用承諾について

  1. 子どもロケット体験教室(後援)

日程第9 議案第12号

湖南市子育てサポーターの委嘱について

日程第10 議案第13号

湖南市青少年育成推進員の委嘱について

日程第11 議案第14号

湖南市少年センターカウンセラーの委嘱について

日程第12 議案第15号

平成30年・31年度湖南市スポーツ推進委員の委嘱について

日程第13 議案第16号

湖南市青少年自然道場の管理運営に関する規則の廃止について

日程第14 議案第17号

湖南市奨学資金給付条例施行規則の一部を改正する規則の制定について

日程第15 協議事項

  1. 平成30年4月定例教育委員会の開催日程について
  2. 平成30年5月定例教育委員会の開催日程について
  3. その他

会議に出席した委員

教育委員5名

会議に欠席した委員

なし

会議に出席した事務局職員

7名

会議を傍聴した人

なし

日程第1報告第17号 湖南市教育委員会の経過報告について

提出資料に基づき報告第17号、湖南市教育委員会の経過報告をする。

 日程第1報告第17号、湖南市教育委員会の経過について説明いたします。2月20日から本日3月22日までの報告です。
 まず、3月1日は山中 慎介選手の応援観戦ということで、サンヒルズ甲西で行われたパブリックビューイングに行きました。結果につきましては非常に残念なものではありましたが、試合後、体重2.3キログラムオーバーはいかがなものなのかと世間を騒がせまして、結局ネリ選手は今後日本での試合は一切できないことになりました。ランニングをしてすぐ1キロを落とせたことついては、プロの目から見ますと、計量日まで全く減量に取り組んでいない証拠だという声もあがっております。非常に厳しい状況の中で、前へと攻め込んだ慎介選手の姿や負けた後の態度については、称賛の声が上がっておりますし、とても誇らしいと思っているところでございます。
 3月2日からは市議会本会議の2日目でして、代表質問がありました。各会派から、公明党の桑原田議員、議会改革ネットワークの植中議員、日本共産党の立入議員、無所属の会の望月議員、誠心会の菅沼議員がそれぞれ代表質問をされました。質問項目のみを資料には示しています。答弁内容につきましては、4月の定例教育委員会時にお伝えさせていただきます。
 3月5日、市議会本会議の3日目に一般質問がありました。5日には藤川議員・小林議員・赤祖父議員・松井議員から、6日には堀田議員からの質問がございました。特に、松井議員から質問のあった「エナジードリンク」については、私もあまり知らないものでした。私も実際に買って飲んでみまして、特に興奮等の症状もなかったのですが、なかなか危険なようで、飲み過ぎによる死亡事故も起こっておりました。1本程度でしたら問題ありませんが、受験生は目がさえる等の理由で4~5本飲んでしまうこともあり、許容量を超えてしまうととても危険だということでした。この件については、4月の校長会にて注意喚起を行っていきたいと思っております。
 3月8日、マウリシオプロダクションの関係者が来庁されました。昨年秋にポルトガル語の本を寄贈いただき、この3月には日本語版の本を寄贈いただきました。私は、ポルトガル語版の本を市の通訳の方に訳していただき、読ませていただきましたが、風習の違いにとても驚きました。本の見本をまわしますので、一度ご覧ください。
 同日、理科離れをなくす会の代表、北原先生が来庁されました。京都大学・京都教育大学等さまざまなところで講師をされておりますが、世界に通じるロボットコンテストの指導をされています。今後、新学習指導要領において、「プログラミング教育」が必須科目になることから、先生方自身もプログラミングの指導ができる程度まで学んでほしいということで、今年度からは夏の教師力アップセミナーの研修項目の一つに追加しています。研修を受けていただく方に3千円を支払っていただき講習を受けてもらいました。評判も良かったことから、来年度もまた進めていきたいと思っているところであります。
 3月13日は市内中学校の卒業式、3月15日は市内幼稚園の卒園式、3月16日は市内小学校の卒業式でございました。各教育委員さんにも出席いただきましたので、また感想等をお話しいただけるとありがたいと思っております。私が出席した甲西北中学校・水戸小学校は、両校とも特に校歌等の歌声を気にして聴いておりましたが、結構大きな声で歌うことができていた印象です。
 本日3月22日、本会議が長引きましたが5日目が終了しました。本日、市職員の異動内示が行われます。定例教育委員会後には、社会教育委員さんの懇談会があり、その後は議会執行部の懇親会に出席する予定です。

 11・12ページには、先ほどお話しましたマウリシオプロダクションが来庁され、本を寄贈くださった際の新聞記事を載せております。
 以上、簡単ではありますが教育長報告とさせていただきます。
 何かございましたらお願いいたします。

質疑、意見等

上西委員

 日枝中学校は例年にないほどすばらしかったと思います。クラッカーがなることもなくなりましたし、ここ何年間かはとても良くなっているように感じました。下田小学校もよかったです。歌もしっかり歌われていました。

伊藤委員

 私は石部中学校に出席させていただきました。2年前にPTA会長として出席させてもらった時とは異なり、座る場所が来賓側ではなく、主催者側の先生と同じ列でしたので驚きました。中学生の皆さん、特に卒業生の皆さんは、原稿は持ちながらもあまり見ず話されていましたが、私の告辞の時は、下ばかり向いてしまいまして、なかなかうまくいかず少し悔やまれました。生徒会長の方は何も見ず、堂々と話されていましたのでとても驚きました。生徒の皆さんは、話す部分について各々がとても練習されていたように感じましたし、全体としてとても良い卒業式だったと思いました。

森本委員

 私は甲西中学校と三雲東小学校の卒業式、平松こども園の卒園式に行かせていただきました。全てとても厳粛な式でしたが、中でも甲西中学校の送辞・答辞において、生徒たちが話している姿は大変立派で感動いたしました。三雲東小学校の卒業式では、6年生全員が一言ずつ、6年間で一番思い出に残ったこと・感謝の言葉を保護者へ向かって順番に話されていました。

谷口教育長

 ストーリーを区切って呼びかけを行うのではないのですか。それはめずらしいですね。

森本委員

はい。舞台の雛壇に卒業生が並びまして、全員の顔が見える状態で保護者席に向かって話をされていました。もちろん原稿もありませんでしたし、立派に話されていたのを見て感動いたしました。平松こども園でも、小学校に行ったら勉強を頑張りますというように、卒園証書をもらった後、会場に向かって一人一言ずつ話されていました。とても立派でしたね。

谷口教育長

 甲西中学校の歌声はどうでしたでしょうか。

森本委員

 人数でいいますと、もう少し声が出てもいいのかなと思うところもありましたが、よかったと思います。

岩城委員

 私は岩根小学校と菩提寺こども園に出席いたしました。菩提寺こども園は非常に厳かでした。菩提寺こども園の卒園式は昨年はじめて出席させていただきました。菩提寺こども園では、修了証書を受け取ると、それをそのまま保護者へ渡しに行くのです。渡しに行く間に、自分の名前の由来を子ども自身が話す映像が流れていまして、とても良いアイディアだと思いましたし、とてもよかったと思います。岩根小学校は児童数が少ないので、非常にこじんまりとした印象を受けました。卒業式の内容については非常にきちっとされていました。式中、歌でのやりとりがありましたが、非常によかったと思います。菩提寺北小学校でも毎回非常によく訓練されている様子が見受けられましたが、岩根小学校でも一人ずつ声をかけて歌ったり、先生方が卒業生へ歌ったり、歌でのかけあいは一人の代表者が答辞・送辞を読むのとは違い、新しいやり方で素敵だと思います。

谷口教育長

 ありがとうございました。それぞれの学校・園で厳粛な卒業式、卒園式をしていただいたということでありました。4月に出席いただく入学式は、卒業式のようにはいかないと思います。進級して新しい学級編成になっていますし、子どもたちもテンションが高く、また事前に式の練習はできていません。皆さま、ご出席の方よろしくお願いします。

岩城委員

 告辞を行うのは中学校のみでしたよね。

谷口教育長

 そのとおりです。来賓紹介時に主催者側の教育委員会の紹介がありますので、その際に、「おめでとうございます」と入学生にお声かけください。中学校は、卒業式同様壇上に上がり、告辞文を読んでいただくことになります。

谷口教育長

 何かありますか。特にないようですので、承認することについてよろしいですか。

各委員

 全員承諾

谷口教育長

 それでは報告第17号について、承認することといたします。

日程第2報告第18号 後援・共催名義の使用承諾について

提出資料に基づき報告第18号、後援・共催名義の使用承諾について説明する。

(1)名称 平成30年度湖南市体育協会および傘下競技団体が主催する主要事業(共催)

主催

湖南市体育協会

期日

平成30年4月1日から平成31年3月31日

会場

湖南市内社会体育施設

(2)名称 平成30年度湖南市スポーツ少年団主催事業(共催)

主催

湖南市スポーツ少年団

期日

平成30年4月1日から平成31年3月31日

会場

湖南市内社会体育施設

(3)名称 第31回滋賀生命尊重のつどい(後援)

主催

母と子の命を守る会

期日

平成30年7月15日

会場

野洲文化小劇場

(4)名称 かふか合唱協会40周年コンサート(後援)

主催

かふか合唱協会

期日

平成30年9月2日

会場

あいこうか市民ホール

質疑、意見等

谷口教育長

 何かありますか。ないようですので、承認することについてよろしいですか。

各委員

 全員承諾

谷口教育長

 それでは報告第18号について、承認することといたします。

日程第3報告第19号 市内児童生徒の問題行動について

提出資料に基づき報告第19号、市内児童生徒の問題行動について説明する。

 非公開

質疑、意見等

谷口教育長

 承認することについてよろしいですか。

各委員

 全員承諾

谷口教育長

 それでは報告第19号について、承認することといたします。

日程第4報告第20号 市内児童生徒の交通事故について

提出資料に基づき報告第20号、市内児童生徒の交通事故について説明する。

 非公開

質疑、意見等

谷口教育長

 承認することについてよろしいですか。

各委員

 全員承諾

谷口教育長

 それでは報告第20号について、承認することといたします。

日程第5報告第21号 平成29年度要保護・準要保護児童生徒就学援助費の支給認定について

提出資料に基づき報告第21号、平成29年度要保護・準要保護児童生徒援助費の支給認定について説明する。

 非公開

質疑、意見等

谷口教育長

 承認することについてよろしいですか。

各委員

 全員承諾

谷口教育長

 それでは報告第21号について、承認することといたします。

日程第6報告第22号 平成29年度区域外就学・指定校変更について

提出資料に基づき報告第22号、平成29年度区域外就学・指定校変更について説明する。

 まず、「区域外就学」と「指定校変更」の違いについてご説明いたします。指定校変更とは、市内に住所があって、その住所の指定校とは異なる湖南市内の学校へ通っているケースになります。区域外就学の同意とは、湖南市に住んでいて、湖南市外の学校へ通う場合です。区域外就学の協議とは、湖南市以外に住んでおり、湖南市内の学校へ通われている場合になります。この3種類について、1年間の件数を報告いたします。
 資料にありますとおり、指定校変更が合計23件、区域外就学の同意が合計22件、区域外就学の協議が合計21件です。特に、「教育的配慮」としまして、最終学年や学期途中での転校は、子ども同士の人間関係が崩れてしまいますので、区域外就学・指定校変更を認める方向で進めております。その他、区域外就学・指定校変更の例としましては、いじめ等が原因でその学校には通いづらくなった、不登校傾向で新しい学校に行くと不安定になってしまうため、同じ学校に通いたい、特別支援学級に通っており非常に安定しているので、引き続き同じ学校で学びたい、といったさまざまなケースの子どもたちがおりますので学校へ通えなくなくならないよう配慮してる制度でもあります。
 簡単ではございますが、以上でございます。

質疑、意見等

谷口教育長

これは前年等に比べて大きく増減している等はありませんか。

事務局

 はい、大きく増加している・減少しているといったことはございません。

谷口教育長

 こういった児童・生徒については保護者が送迎しているという認識でよろしいでしょうか。

事務局

 そうですね。基本的に小学校の児童は保護者が送迎しています。中学校ですと、電車で通ってくる場合は、生徒のみで通っている場合もございます。例えば、甲西中学校の生徒が不登校傾向でしたので、草津から電車で通ってくるケースがございました。

谷口教育長

 子どもたちの学びやすさを大事にしていこうということで、今後もこういったケースは徐々に増加していくのではと考えています。昔は認めていないことも多かったのですが、今は緩やかに考えるようにしています。

岩城委員

 いい制度だと思いますし、今後さらに必要になってくると思いますね。

谷口教育長

 他に何かありますか。ないようですので、承認することについてよろしいですか。

各委員

 全員承諾

谷口教育長

 それでは報告第22号について、承認することといたします。

日程第7報告第23号 平成29年度楽しくて力のつく湖南市教育ついて

提出資料に基づき報告第23号、平成29年度楽しくて力のつく湖南市教育について説明する。

「楽しくて力のつく湖南市教育の実現に向けた取組」について報告いたします。
 1つ目の目標として示した「自尊感情の向上」が、子どもたちの力を高めていくベースになるため、目標達成に向けた取組としては、「授業の湖南市スタイル」の定着・深化させることをあげておりました。また近年は、学力向上についてもさまざまな取組を行っております。具体的には、関西大学の若槻先生をアドバイザーにお迎えし、市の学力向上委員会と連動させながら、校区連携授業・道徳の参観、校内研究会の取組、あるいはワーキンググループの先生方に指導をいただきながら取組を行いました。
 若槻アドバイザーからは、「取組の成果を先生たちの元気が見える形で示していくこと」「具体での共通実践事項を自分たち決め、取り組み・検証・修正実践していくこと」「一人の取組・一部の取組ではなく、全体を巻き込んでの取組としていくこと」と今年度の取組をふまえ、今後の方向性を示していただいているところでございます。
 5番にあります、教師によるふりかえり「授業の湖南市スタイル」アンケートは、年に3回実施いたしました。この結果をみますと、先生方に「授業の湖南市スタイル」がかなり定着できていると感じております。ですが、今年度より教育長が示された「湖南市スタイルのゼロ」、学習環境や姿勢、鉛筆の持ち方については、十分な成果がでておりませんので、その点は強化しながら、来年度引き続き取り組んでいきたいと考えております。
 また、昨年度より取り組んでおりますのが、自尊感情・学びの礎育成プロジェクト事業になります。滋賀県より予算をいただき事業を実施いたしました。湖南市の特徴である、4中学校区の学校が同規模である利点を生かし、中学校区別に共通実践を行いながら学力向上に向けた取組を行っております。

 平成29年度の取組の成果について、簡単に説明いたします。
 まず、「自尊感情向上アンケート」についてですが、年度当初の4月と1月にアンケートを実施いたしました。小学校は4月当初から1月にかけて平均値が1.9アップしており、これは取組の成果が出ている結果だと考えています。ただ、中学校につきましては、4月の平均値から1月の平均値が0.5ダウンしております。中学校への今後の指導が課題だと考えております。
 つづいて「読書活動の推進」の取組成果になります。平成29年度は三雲小学校・甲西中学校が文部科学省指定事業を受け、研究を行いました。この2校には学校司書をほぼ毎日配置しましたが、やはり司書を配置しますと、図書の貸し出し数が大きく変化します。特に甲西中学校においては倍近く貸出冊数が増加しており、司書がおすすめの本を見やすくレイアウトするといった取組が、生徒たちの読書への関心の高まりにつながることがよくわかる結果となりました。来年度は菩提寺北小学校・石部南小学校を指定校にし、引き続き取り組んでいきたいと思っております。
 来年度においても、「湖南市スタイルゼロ」の取組を強化していくこと、中学校区の連携の強化を図ること、ワーキンググループのさらなる充実、読書活動の推進と家庭学習の充実、この4つを引き続き進めていきます。また、来年度より部活動の朝練をなくすこと、1週間に2日部活の休養日を設けること、といった取組が進められますので、特に中学生は家庭で過ごす時間の増加が予想されます。その増えた時間に課題を与え、家庭で勉強する時間を増やす取組を市教育委員会としては示さなければいけないと考えております。
 資料には、各小中学校が取り組んだ「我が校の学力向上策」の成果と課題をまとめたものを載せております。またご確認ください。
 簡単な説明になりますが以上でございます。

質疑、意見等

伊藤委員

 配置された学校司書さんは、1人の方が複数の学校へ行かれているのですか。また週に何日程おられるのですか。

事務局

 1名のみ2校をまわっていただいていますが、基本1つの学校に1人配置しております。指定校は毎日、それ以外の学校は週3日になります。図書の整理等や掲示物の作成に時間がかかることもありますので、一部時間を超過しても活動いただいている現状もございます。

谷口教育長

 来年度より、まつぞうくんが小学校へは行かなくなります。学校司書さんが各学校に行っていただいておりますので、読書量を増やす取組をお願いしたいと思っております。それでは、来年度の30年度については29年度の方向性を引き続き進めていくことでお願いいたします。

谷口教育長

 他に何かありますか。ないようですので、承認することについてよろしいですか。

各委員

 全員承諾

谷口教育長

 それでは報告第23号について、承認することといたします。

日程第8議案第11号 後援・共催名義の使用承諾について

提出資料に基づき議案第11号、後援・共催名義の使用承諾について説明する。

(1)名称 子どもロケット体験教室(後援)

主催

NPO法人草津未来プロジェクト

期日

平成30年4月14日、7月14日、12月8日

会場

菩提寺北小学校ほか

趣旨

自分で製作したロケットを打ち上げるという体験を通して、一見難しく感じることについてもチャレンジすれば達成できるという自信をつけること、また子どもたちの自己肯定感を高めることを目的に体験教室を開催する。

質疑、意見等

谷口教育長

 特にありませんか。審議結果につきまして異議なしと認め、議案第11号について可決することとしてよろしいですか。

各委員

 全員異議なし

谷口教育長

 異議なしと認め、議案第11号を可決いたします。

日程第9議案第12号 湖南市子育てサポーターの委嘱について

提出資料に基づき議案第12号、湖南市子育てサポーターの委嘱について説明する。

 湖南市子育てサポーター設置要項に基づき、平成30年度の子育てサポーターおよび子育てアドバイザーの委嘱をさせていただきたく、提案させていただきます。子育てサポーター・アドバイザーの方々は、子どもたちの育ちと大人の関わりについて知識や経験がある方にお願いしており、親子プレイステーション事業等で先輩ママとしてさまざまな親子に関わっていただいております。平成30年度は、資料にある15名の方に委嘱させていただきたいと考えております。そのうちの新規の方は1名、29年度に本市が主催した「子育てサポーター養成講座」を修了いただいた方になります。また、長きにわたり子育てサポーターとして活動いただいています、水戸小学校区の方については、30年度より子育てアドバイザーになっていただきたいと考えています。この15名の方に30年度の子育てサポーターを担っていただきたいと考えております。
 ご審議、よろしくお願いいたします。

質疑、意見等

谷口教育長

 新規の方が1名ということは、全体の人数としては増えているということでよかったですか。

事務局

 はい、辞められた方はおられませんので増加しています。

谷口教育長

 養成講座を修了された方に活躍いただけるということは、とてもありがたいと思っております。地域づくり型市民大学構想を進めておりますが、このような養成講座についても強化していけるのではないかと思います。

谷口教育長

 他にありませんか。審議結果につきまして異議なしと認め、議案第12号について可決することとしてよろしいですか。

各委員

 全員異議なし

谷口教育長

 異議なしと認め、議案第12号を可決いたします。

日程第10議案第13号 湖南市青少年育成推進員の委嘱について

提出資料に基づき議案第13号、湖南市青少年育成推進員の委嘱について説明する。

 資料63ページにあります、湖南市青少年育成推進員設置に関する規則に基づき、平成30年度についても昨年度に引き続き現認の方へ委嘱させていただきたく、提案いたします。略歴についても資料に掲載しているとおりです。平成24年より、青少年育成推進員として活動いただいています。
 ご審議よろしくお願いいたします。

質疑、意見等

谷口教育長

 現在も生涯学習課内に席を置き、仕事をしていただいておりますし、引き続きお願いしたいと思います。何かありますか。審議結果につきまして異議なしと認め、議案第13号について可決することとしてよろしいですか。

各委員

 全員異議なし

谷口教育長

 異議なしと認め、議案第13号を可決いたします。

日程第11議案第14号 湖南市少年センターカウンセラーの委嘱について

提出資料に基づき議案第14号、湖南市少年センターカウンセラーの委嘱について説明する。

 少年センターのカウンセラーとして、現認の方に引き続き委嘱させていただきたく、提案いたします。略歴につきましては資料にあるとおりです。平成17年4月より継続してカウンセラーをしていただいています。
 ご審議お願いします。

質疑、意見等

谷口教育長

 長きにわたりカウンセラーをお願いしておりますし、ふれあい教育相談室のカウンセラーもしていただいている方になります。何かありますか。
 審議結果につきまして異議なしと認め、議案第14号について可決することとしてよろしいですか。

各委員

 全員異議なし

谷口教育長

 異議なしと認め、議案第14号を可決いたします。

日程第12議案第15号 平成30年・31年度湖南市スポーツ推進委員の委嘱について

提出資料に基づき議案第15号、平成30年・31年度湖南市スポーツ推進委員の委嘱について説明する。

 2年任期になります、平成30年・31年度の湖南市スポーツ推進委員の委嘱につきまして提案いたします。資料にあります、18名の方に委嘱させていただきたいと考えております。29年度をもちまして3名の方が退任されました。また30年度より新しく2名の方に加わっていただきたいと考えております。
 ご審議お願いいたします。

質疑、意見等

谷口教育長

 市内全体としては1名減少したということですね。

事務局

 はい。退任された2名の方は以前よりその旨お伺いしておりまして、後任の方もご推薦いただきました。もう1名は家庭・健康の事情で急遽辞退されることとなりこのような現状となっております。4中学校区に分散し、それぞれの学区で3名以上を配置し地域でも活動いただいています。

岩城委員

 委員の方に年齢制限はあるのでしょうか。

事務局

 特に設けておりません。一番高齢の方で70歳の方がおられますし、一番若い方で30歳前後になります。高齢の方の健康スポーツについてもありますので、さまざまな年代の方に活躍いただきたいと考えております。

谷口教育長

 主にどういういった場所で活動されているのですか。

事務局

 月に1回、総合体育館にて「いきいき&エンジョイスポーツデー」を開催されています。また、石部中学校に月1回行っていただき、キンボール大会を開催しております。子どもたちにも参加いただいています。あとは、小中学校でのPTA活動等で依頼がありましたら指導しておりますし、体育協会・総合型地域スポーツクラブとも連携いただいています。

谷口教育長

 健康スポーツの普及等にご尽力いただいているということですね。他にありますか。

審議結果につきまして異議なしと認め、議案第15号について可決することとしてよろしいですか。

各委員

 全員異議なし

谷口教育長

 異議なしと認め、議案第15号を可決いたします。

日程第13議案第16号 湖南市青少年自然道場の管理運営に関する規則の廃止について

提出資料に基づき議案第16号、湖南市青少年自然道場の管理運営に関する規則の廃止について説明する。

 1月の定例教育委員会にて、湖南市青少年自然道場の方向性についてご説明させていただいたところですが、この3月議会において廃止条例が可決されたことに伴い、湖南市青少年自然道場の管理運営に関する規則についても廃止させていただきたいと考えております。
 ご審議よろしくお願いいたします。

質疑、意見等

谷口教育長

 議会での議決を経て、管理運営規則についても廃止するということですね。他にありますか。
 審議結果につきまして異議なしと認め、議案第16号について可決することとしてよろしいですか。

各委員

 全員異議なし

谷口教育長

異議なしと認め、議案第16号を可決いたします。

日程第14議案第17号 湖南市奨学資金給付条例施行規則の一部を改正する規則の制定について

提出資料に基づき議案第17号、湖南市奨学資金給付条例施行規則の一部を改正する規則の制定について説明する。

 奨学金申請にあたり所得金額の証明が必要となります。これまで所得金額は、税務課の職員が申請のあった方の所得を調査し、手書きで備考欄に記入するという流れの手続きをしておりました。手書きで転記しておりますと人的ミスが起こる可能性もございますので、これまでの提出資料に加えて奨学金用の所得証明書を添付していただくことに変更したいと考えております。
 今年度については試行を行っておりましたが、申請された多くの方が奨学金用の所得証明書を提出されました。提出書類が2枚になりますが、よりミスなく効率的に仕事が進められるということで修正させていただきたいと思っております。
 またその他については、実情に合わせ文言修正をしております。左側が現行、右側が改正後の案となっておりますので、資料をご覧ください。特に金額や要件が変更する修正ではございません。
 ご審議お願いいたします。

質疑、意見等

谷口教育長

 施行規則の一部改正になりますが、29年度についても試行的に運用されていたということですよね。

事務局

 はい、今回は運用に合わせて規則を変更したいと考えています。

岩城委員

 この制度を受けられている方は何名程度おられるのですか。

事務局

 年度ごとに異なりますが、少ない年で約60名、多い年で約80名となっております。

谷口教育長

 審議結果につきまして異議なしと認め、議案第17号について可決することとしてよろしいですか。

各委員

 全員異議なし

谷口教育長

 異議なしと認め、議案第17号を可決いたします。

その他

平成30年4月定例教育委員会の開催日程について

日時

平成30年4月27日 金曜日 午後4時から

平成30年5月定例教育委員会の開催日程について

日時

平成30年5月21日 月曜日 午前10時30分から

閉会 午後3時49分

この記事に関するお問い合わせ先

教育部 教育総務課

電話番号:0748-77-7010

ファックス:0748-77-4101

メールフォームでのお問い合わせ