平成30年度 第1回湖南市防災会議 会議録

更新日:2019年12月19日

日時

平成31年(2019年)3月25日(月曜日)午後1時30分から午後2時20分まで

場所

湖南市役所東庁舎 3階大会議室

出席者

委員22名(欠席者5名) 事務局4名

次第

  1. 開会あいさつ
  2. 報告案件
    1. 湖南市防災会議委員について
    2. 湖南市防災会議条例について
  3. 議事
    1. 湖南市地域防災計画の修正(案)について
    2. 湖南市地域防災計画 マニュアルの修正(案)について
  4. その他
  5. 閉会

配布資料

資料1

資料2

資料3

資料4ページ

会議内容

会長

開会 会長あいさつ

今年度の湖南市防災会議の開催に当たりまして、一言ご挨拶申し上げます。

本日は、各委員の皆様におかれましては、年度末の大変お忙しいところ、ご出席を賜り、まことにありがとうございます。心から御礼を申し上げます。

本会議では、主に自然災害による防災、減災対策の基本となる湖南市における地域防災計画についてご協議をいただくことになります。

昨年は、地震や風水害による災害の多い1年でした。6月の大阪府北部地震や9月の北海道胆振東部地震、7月の西日本豪雨、そして、9月の台風第21号の暴風雨によって、それぞれの地域に大きな被害が発生しました。

湖南市といたしましては、大阪府北部地震では、枚方市や高槻市にブルーシートをお送りしました。また、7月の西日本豪雨の際も、近畿管内の被災地への対応として、いち早く倉敷市に水やビスケットなどの緊急支援物資を届けさせていただきました。さらに、10月から12月までの3か月間、事務支援のため広島県竹原市に2週間交代で1名ずつ職員を派遣しました。

当市では、昨年5月に風水害想定の災害警戒本部設置以降の初動対応訓練を行い、出水期を前にした体制の再確認と職員の防災意識の向上を図りました。9月には、滋賀県総合防災訓練が湖南市を主会場として実施され、現地における災害対策本部の設置・運営要領や指定避難所の開設・運営要領について訓練しました。

また、本年1月には、ブラインドによる職員の参集訓練を実施し、参集状況の実態について把握しました。

災害が発生した際の対応はもちろん、体制を整備し、訓練を行うに当たって、まずは指針となる計画が必要となります。そして、常にこういう形で関係機関が顔を合わせながら連携の状況を確認していくことは非常に大事だと考えているところでもございます。

本日はこの地域防災計画につきまして、事前修正についてお諮りさせていただく ことになると思いますので、慎重なるご審議のほどよろしくお願い申し上げまして、開催にあたってのあいさつとさせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

事務局

報告事項

湖南市防災会議委員について【資料1】
湖南市防災会議条例について【資料2】
事務局より説明

委員

質問なし

事務局

議事(1)

湖南市地域防災計画の修正(案)について【資料3】
事務局より説明

委員

奈良県王寺町と協定を締結した理由は。

事務局

風水害対策に対する意見交換が期待できるほか、近畿圏内で相互応援できる自治体と協定を締結していなかったため。

委員

その他質問なし。議決。

事務局

議事(2)

湖南市地域防災計画 マニュアルの修正について【資料4】
事務局より説明

委員

質問なし。議決。

事務局

その他

平成31年度湖南市総合防災訓練の実施について
平成31年9月29日(日曜日)午前予定
事務局より説明
 

委員

質問なし。

副市長

閉会 副市長あいさつ

本日は、湖南市地域防災計画ならびに各種マニュアルの修正におきまして、ご審議を賜り、厚く御礼を申し上げます。

市長のあいさつにもありましたように、各地で地震や風水害による災害が発生しております。湖南市防災行政といたしましては、常に緊張感を持って、今後、災害を未然に防ぐとともに、減災に努めて参りたいと考えております。

ここにご出席の皆様をはじめといたしまして、引き続き関係諸機関の皆様のご協力を賜りますことをお願い申し上げますとともに、皆様方のご活躍を祈念いたしまして、簡単ではありますが、閉会のごあいさつとさせていただきます。

本日はお忙しい中ご出席賜り、誠にありがとうございました。

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策部 危機管理・防災課 消防・防災係
電話番号:0748-71-2311
ファックス:0748-72-2000

メールフォームでのお問い合わせ