5歳を迎えた場合の接種の取扱について(いま4歳の人へ)

更新日:2023年12月28日

接種の時期により、使用するワクチンが異なります。

1. 1回目の接種時に4歳だったお子様は、2回目、3回目ともに乳幼児用ワクチン

を使用します。

2. 1回目の接種時に既に5歳となっている場合は、小児用(5~11歳用)ワクチン

を使用します。小児用ワクチンの初回接種は、2回接種で完了となり、2回接種から

5か月後追加接種(3回目接種)となります。

3. 予防接種においては、誕生日の前日から5歳として扱われますのでご注意ください。                                                                                                                                                             

 (例)平成29年12月1日が誕生日の人が、令和4年11月30日に1回目の接種を

受けるときは、5歳として扱い、5~11歳用ワクチンを接種します。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 地域包括ケア推進局 予防接種推進室〔保健センター内〕

電話番号:0748-76-4771

ファックス:0748-72-1481

メールフォームでのお問い合わせ