新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金再支給について

更新日:2022年04月27日

「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」の受給期間が終了した世帯に対し、再支給が可能になりました。令和4年8月末まで再支給の申請ができます。

全員が申請対象になるわけではありません。申請にはいくつかの要件があります。

支給対象世帯

・新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金(初回)の支給が、すでに終了する世帯

・新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金(初回)の支給が、自立支援金(再支給)

の申請月で終了する世帯

 

上記の世帯に該当した上で、以下のすべてを満たしている場合

・収入が、世帯人数による収入基準額を超えないこと

・資産が、世帯人数による金融資産額を超えないこと

湖南市の世帯人数ごとの収入基準額および金融機関資産額です
  1人世帯 2人世帯 3人世帯 4人世帯 5人世帯
収入基準額 113,000円 157,000円 185,000円 208,000円 231,000円
金融資産額 468,000円 690,000円 834,000円 972,000円 1,000,000円

・6人以上の場合は、福祉政策課にお問い合わせください。(金融資産額は100万円)

・収入は月額です。

・給料は総支給額です

・公的給付等は月額です(例)年金、児童手当、児童扶養手当、失業手当など

 

今後の生活の自立に向けて、下記の活動を行うこと

・月1回以上、市役所職員との面談等の支援を受ける

・月2回以上、公共職業安定所や職業相談等を受ける

・原則週1回以上、求人先へ応募を行うまたは求人先の面接を受ける

<特例>

国からの通知により令和4年4月26日から、活動回数がかわります。

・月1回以上、市役所職員との面談等の支援を受ける

・月1回以上、公共職業安定所や職業相談等を受ける

・原則月1回以上、求人先へ応募を行うまたは求人先の面接を受ける

 

※新型コロナウイルス感染症の感染状況や、原油価格・物価高騰等の影響により活動内容の回数がかわる場合があります。

支給額・支給期間

注)毎月の活動報告、収入要件等により中止となる場合があります。

給付金が決定した場合の支給額と支給期間です

  単身 2人世帯 3人以上世帯
支給額/月 60,000円 80,000円 100,000円

支給期間

3か月間

申請期間・申請方法

申請期間:貸付最終借入月から令和4年8月31日まで(当日消印有効)

申請方法:原則郵送で申請受付 (新型コロナウイルス感染症予防のため、ご協力ください。)

 

申請に必要な書類は、対象世帯に対して湖南市役所より郵送でご案内します。

※転入や転出などの状況により郵送出来ない場合があります。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 福祉政策課

電話番号:0748-71-2370

ファックス:0748-72-3788

メールフォームでのお問い合わせ