「講座は終了していません」はウソ~資格商法の2次被害~

更新日:2019年07月01日

 10年前、資格講座を契約したが、途中で勉強をやめ、資格試験を受けなかった。数年前に業者から電話があり、「試験に合格するまで講座が継続していて更新料が必要」と言われ、24万円支払った。最近になってまた業者から「契約を取り消すにしても継続するにしても費用」と電話があった。当時、資格講座に興味がありいくつか契約したがいずれも途中で挫折している。書面は残っていない。

更新料が必要ですという電話を受けて慌てている消費者のイラスト

過去に資格講座関連の契約をしたことがある人が、「過去の講座が修了していないので更新が必要」などと言われて新たに資格講座を勧誘される「二次被害」のトラブルが増加しています。過去の契約は既に終了しており、「契約が続行している」などと虚偽説明をするのは勧誘方法に問題があります。
過去に契約した人の名簿が出回り悪用されていることが原因と言われています。
資格講座などの電話勧誘販売取引は、法律で規制されているので、しつこい勧誘などは、きっぱりと断りましょう。
契約してしまった場合でも、契約書面を受け取った日から8日以内であれば無条件解約がでるので、すぐにはがきに解約意思を記し、特定記録郵便で業者に通知しましょう。

問い合わせ先

消費生活センター〔東庁舎〕
電話番号 0748-71-2360
ファックス番号 0748-72-3788

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 住民生活相談室
電話番号:0748-71-2370
ファックス:0748-72-3788

メールフォームでのお問い合わせ