開錠サービスの高額請求に注意しましょう!

更新日:2019年07月01日

解錠サービスの高額請求に注意しましょう!

 夜、帰宅すると玄関ドアの鍵を失くしたことに気付き、インターネットで検索し一番上にあった業者に電話を掛けた。
料金を確認すると、1万5千円と言われたので依頼して来てもらった。
あっという間に作業が終わり「料金は5万円」と言われたので「話が違う」と抗議したが「普通の錠前とは違う特殊なタイプの錠前だ」と言われ、仕方なく支払った。

鍵のイラスト

 インターネットを見て依頼した解錠の出張サービスで、説明された金額よりも高額な請求を受けたという相談が寄せられています。
広告に「基本料金××円」「○○作業料、△△円から」などと表示されている場合や電話で「△△円かかる」と説明された場合でも、現場の状況次第では、必ずしも広告の表示や電話での説明通りの料金で依頼できるとは限らないので、広告の表示や電話で説明された料金を鵜呑みにしないようにしましょう。
緊急事態なので慌てて契約してしまいがちですが、依頼する際は作業内容と料金(鍵の代金、技術料、出張費、割増料金の有無など)を よく確認しましょう。
作業前に再度、料金の確認をすることも大切です。
こうしたトラブルを防ぐため、安心して修理を依頼できる事業者について事前に情報を集めておきましょう。
(出典 国民生活センター)

問い合わせ先

消費生活センター〔東庁舎〕
電話 0748-71-2360
ファックス番号 0748-72-3788

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 住民生活相談室
電話番号:0748-71-2370
ファックス:0748-72-3788

メールフォームでのお問い合わせ