骨髄移植ドナー支援事業助成金のご案内

更新日:2019年07月01日

 骨髄や末梢血幹細胞の移植により白血病などの患者さんを救うために、全国で約46万人の方がドナー登録をしています。しかし、まだまだ必要としている患者さんに行き届かないのが現状です。患者さんが移植のチャンスを得るためには、さらにより多くの方々に、骨髄バンクと移植についての理解と協力が必要です。

 命を救いたい、という善意を応援するため、休業等によるドナーの経済的負担を軽減し、骨髄等の移植及びドナー登録の推進を図るため、湖南市では平成28年10月から「骨髄移植ドナー支援事業助成金」を実施しています。

対象者

助成の対象となるのは次の全てに当てはまる人です。

  1. 骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業にドナー登録を行い、骨髄等の提供を完了し、これを証明する書類の交付を受けていること
  2. 骨髄等の提供を行った日に市内に住所を有している
  3. 他の自治体等が実施する同種同類の奨励金又は助成金等(ドナー休暇の取得を含む)を受けていないこと

対象経費・助成金の額など

 骨髄等の提供に係る通院、入院又は面談(骨髄等の採取のための手術およびこれに関連した医療処置によって生じた健康被害のためのものを除きます)に要した日数×2万円。ただし、1回の骨髄等の提供につき14万円を限度とします。

申請方法

  • 申請の受付:市健康政策課窓口で受付します。
    申請書は市健康政策課窓口に設置しています。
    もしくは、下記の「湖南市骨髄移植ドナー支援事業助成金交付申請書兼請求書」をダウンロードしてください。
  • 申請の際に、次の書類と、印鑑が必要です。
    1. 骨髄バンクが発行する骨髄等の提供を行ったことを証する書類
    2. 骨髄等の提供に係る通院、入院又は面談をした日を証する書類
    3. 社会保険各法に基づく被保険者証、組合員証又は加入者証
    4. 振込口座がわかるもの

ドナー登録にご協力ください

 骨髄移植や末梢血幹細胞移植は、白血病や再生不良性貧血などの病気によって、 正常な造血が行われなくなってしまった患者さんの造血幹細胞を、 健康な方の造血幹細胞と入れ替える(実際はドナーから採取された造血幹細胞を点滴静注する)ことにより、 造血機能を回復させる治療法です。

 日本の骨髄バンクで骨髄移植や末梢血幹細胞移植を必要とする患者さんは、毎年少なくとも2000人を数えます。一人でも多くの患者さんを救うためには、一人でも多くのドナー登録が必要です。

 ドナーを待つ患者さんにとっては、あなたの登録が、大きな希望になります

 ドナー登録できる方の条件など詳しくは日本骨髄バンクホームページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 健康政策課
電話番号:0748-72-4008
ファックス:0748-72-1481

メールフォームでのお問い合わせ