インフルエンザ予防接種費用の助成をしています

更新日:2020年10月30日

季節性インフルエンザにかかる人を減らし、新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行を防ぐため、インフルエンザ予防接種費用の助成を実施しています。

対象者

接種日において、湖南市に住民登録のある生後6か月以上の人。

助成内容

対象者および助成内容

対象者

対象

助成内容

1

65歳以上の人

全額

2

60歳以上65歳未満で、心臓・じん臓・呼吸器機能に日常生活活動が極度に制限される程度の障がいを有する人、またはヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいを有する人。
注意:対象者の確認には、事前に申請が必要ですので、保健センターまでお問い合わせください。

全額

3

妊婦

全額

(上限5,137円)

4

生後6か月以上の人で平成17年4月2日以降に生まれた人(義務教育終了まで)

全額

(上限5,137円)

5

65歳未満の人で平成17年4月1日までに生まれた人

1,000円

  • 対象者の年齢は、接種日における年齢です。
  • 助成回数は1人1回です。(生後6か月以上13歳未満は2回)
  • 1回目の接種時に13歳未満であれば、2回目の接種時に13歳になっていても、2回目の接種についても助成対象となります。
  • 対象者5の人は、医療機関窓口で1,000円を差し引いた金額でお支払いください。

助成対象となる接種対象期間

対象期間

対象者1、2

令和2年10月1日(木曜日)から令和2年12月28日(月曜日)まで

対象者3、4、5

令和2年10月1日(木曜日)から令和3年1月31日(日曜日)まで

助成方法

下記の「実施医療機関一覧」に記載の医療機関において、上記の接種対象期間内に接種してください。

  • 医療機関によって、実施対象や接種期間、予約の要不要は違いますので、直接お問い合わせください。

 

対象者1

事前に保健センターへの申請は不要です。

接種時の持ち物

  • 健康保険証など、氏名・生年月日・住所が確認できるもの
  • 高齢者インフルエンザ予診票 (下記の医療機関、保健センター、東庁舎、西庁舎、各まちづくりセンターに設置しています。)

 

対象者2

事前に保健センターへ申請が必要です。(手続きには時間がかかります。)

接種時の持ち物

  • 健康保険証など、氏名・生年月日・住所が確認できるもの
  • 高齢者インフルエンザ予診票 (下記の医療機関、保健センター、東庁舎、西庁舎、各まちづくりセンターに設置しています。)
  • 上記の申請後にお渡しする書類

 

対象者3、4、5

事前に保健センターへの申請は不要ですが、「湖南市任意インフルエンザ予防接種費用補助申請書兼代理受領に関する委任状」を記入し、接種時に医療機関へ提出してください。

接種時の持ち物

  • 健康保険証など、氏名・生年月日・住所が確認できるもの
  • 湖南市任意インフルエンザ予防接種費用補助申請書兼代理受領に関する委任状 (下記の医療機関、保健センター、東庁舎、西庁舎、各まちづくりセンターに設置している他、市ホームページからもダウンロードできます。)
  • 母子健康手帳 (対象者3の人のみ)

 

実施医療機関一覧

市外の医療機関で接種する場合

対象者1、2

事前に保健センターへ連絡が必要です。

対象の医療機関であるかを確認し、必要書類をお渡ししますので、接種時に医療機関へお持ちいただくと、無料で接種できます。その他の持ち物は、市内の医療機関で接種する場合と同じです。

  • 対象の医療機関については、保健センターへお問い合わせください。

 

対象者3、4、5

事前に保健センターへの手続きは必要ありません。

一旦、医療機関で全額をお支払いいただき、後日、保健センターへ、領収書(インフルエンザ予防接種と分かるもの)・印鑑・口座のわかるものを持って申請してください。

  • 振込を希望される口座は、接種者本人、保護者または配偶者の口座に限ります。
  • 申請書は保健センターに設置している他、下記からダウンロードもできます。

インフルエンザワクチン接種時期のご協力のお願い

65歳以上の人で接種を希望する人は、10月1日以降お早目に接種してください。
60歳以上65歳未満で、心臓・じん臓・呼吸器・ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害がある人も含みます。

上記以外の人は、10月26日以降に接種していただきますよう、ご協力をお願いいたします。
特に、医療従事者・基礎疾患を有する人・妊婦・生後6か月~小学2年生で接種を希望する人は、お早目に接種してください。
10月26日までに接種していただいても、助成の対象になります。

今年は、過去5年で最大量(約6,300万人分)のワクチンが供給される予定ですが、より必要とされている人に確実に届くように、皆さまのご協力をお願いいたします。

リーフレット

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 健康政策課
電話番号:0748-72-4008
ファックス:0748-72-1481

メールフォームでのお問い合わせ