介護保険制度が改正されました

更新日:2019年07月01日

 高齢者が地域で自立した生活を営めるよう、医療、介護、予防、住まい、生活支援サービスが切れ目なく提供される「地域包括ケアシステム」の実現に向けた取り組みをさらに進めるため、介護保険法が改正され、次のとおり制度の一部が変わります。
 また市では、平成30年度からの3年間の「第7期湖南市高齢者福祉計画・介護保険事業計画」を策定するとともに、平成30年度から平成32年度の3年間の第1号被保険者(65歳以上の人)の介護保険料を決定しました。上昇の要因は、高齢者や要介護(要支援)認定者の増加による介護保険給付費の増加、第一号被保険者の負担割合の引き上げによるものです。

ここが変わります

平成30年4月から

  1. 介護保険サービスを利用したときの利用者負担
    介護報酬改定に伴って、介護保険サービスを利用したときに支払う金額が変更されました。
  1. 介護保険料(適用は所得が確定する7月以降)

平成30年8月から

  1. 利用者負担割合
    利用者負担割合が見直され、これまで利用者負担割合が2割だった人で特に所得の高い人は利用者負担割合が3割となります。
  1. 高額医療・高額介護合算制度の所得区分

令和元年7月から

  1. 介護保険料
    消費税率が10%となることに伴い、所得段階が第1段階から第3段階までの被保険者を対象に保険料が令和元年、令和2年にかけて段階的に軽減されます。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 高齢福祉課 高齢介護係
電話番号:0748-71-2356
ファックス:0748-72-1481

メールフォームでのお問い合わせ