湖南市魅力発信拠点施設 HAT

更新日:2019年11月29日

HAT外観

所在地:〒520-3252 湖南市岩根4529-1

電話:0748-78-0152

ファックス:0748-78-0153

施設の特徴

  湖南市魅力発信拠点施設「HAT」は、産業の融合と未来を創造する新しい交流拠点「みらい公園湖南」にあり、市民産業交流促進施設「ここぴあ」と並ぶ核施設の1つです。
  「HAT」では四季折々の『地産地消のワンプレート』をはじめ、友好交流都市の特産物を用いた料理の提供や、デジタルサイネージや展示スペースでは観光情報やものづくり産業の強みの発信をします。

利用できる時間

利用できる時間(令和元年11月30日(土曜日)まで)
展示スペース/男女トイレ/多目的トイレ/授乳室/案内室 午前9時から午後6時
地産地消型レストラン 午前11時30分から午後3時(金曜日、土曜日、日曜日は午後6時から午後10時も利用可能)

令和元年12月1日(日曜日)より、下記の通り変更となります。ご注意ください。
 

利用できる時間(令和元年12月1日(日曜日)から)
展示スペース/授乳室/案内室 午前9時から午後4時
男女トイレ/多目的トイレ 午前9時から午後6時
地産地消型レストラン 午前11時30分から午後4時(金曜日、土曜日、日曜日は午後6時から午後10時も利用可能)

 

定休日

定休日
展示スペース/男女トイレ/多目的トイレ/授乳室/案内室 年末年始(12月30日から翌年1月4日まで)
地産地消型レストラン 毎週月曜日(祝日の場合は、祝日を除く翌営業日)

 

施設の面積

435.62平方メートル

施設の内容

地産地消型レストラン/展示スペース/男女トイレ/多目的トイレ/授乳室/案内室

駐車場

普通車30台/大型2台/身障者2台

交通アクセス

(自動車)
・名神高速道路「栗東湖南IC」から15分、「竜王IC」から20分
・新名神高速道路「甲南IC」から25分

(鉄道)
・JR甲西駅からバスで15分(市内循環バス「めぐるくん」で「イオンタウン湖南」下車)
・JR三雲駅からバスで15分(市内循環バス「めぐるくん」で「イオンタウン湖南」下車)

愛称

とんがり帽子“はっと”のユニークな外観にちなんで、素敵なことに遭遇した時に「はっ☆彡」としたり、“The Hopeful Architecture & Treat”「未来への希望にあふれた建物や、喜び(ご馳走)を与えてくれる場所となるように」という願いが込められています。

湖南市の産業、文化と歴史

この街には、「湖南三山」に代表される観光スポットや、「湖南工業団地」など県内最大の工業団地に見る力強さに象徴されるように、知る人ぞ知る確かな魅力と発展の可能性が秘められています。
今後、「HAT」の取り組みがものづくりの工場見学を通じた産業ツーリズムに発展するなど、「みらい公園湖南」が総がかりで地域活性エンジンと化し、広域交流のゲートウェイとして、まち全体が元気で満ち溢れるような未来を創り上げていきます。

工業団地全景
chojuji

湖南市は、近畿と中部、そして北陸をつなぐ広域交流の街として栄えてきました。琵琶湖へと流れる雄大な野洲川一帯に開かれ、「湖南三山」と銘打つ3つの国宝寺院(常楽時・長寿寺・善水寺)に囲まれた豊かな自然に恵まれています。
江戸時代には「石部」に東海道五十三次の51番目の宿場がおかれました。また、近江下田焼、近江一閑張、近江木綿正藍染といった、県指定の伝統工芸品の伝承がなされています。鈴鹿山麓を源とする良質な伏流水をいかした酒づくりでは2つの酒蔵・蔵元に伝統が受け継がれています。
近年では、県内最大の湖南工業団地をはじめ複数の工業団地が形成され、製造業を中心とした産業集積を誇る県内屈指の工業のまちとなっています。

nogyotaiken
下田焼
sakagura

この記事に関するお問い合わせ先

建設経済部 産業立地企画室
電話番号:0748-71-2353
ファックス:0748-72-4820

メールフォームでのお問い合わせ