新型コロナウイルス感染症対策に便乗した特殊詐欺等について

更新日:2020年04月15日

甲賀警察署から以下の連絡がありました。

現在、新型コロナウイルス感染症対策に便乗した特殊詐欺や個人情報の詐取が多発しています。

市役所や厚生労働省等の職員を騙った電話で、「新型コロナウイルス対策として、マスクと助成金の給付がある」「助成金の受け取りは口座登録が必要」などと言葉巧みにATMへ誘導し、犯人の口座にお金を振り込ませる手口のほか、「マスクを無料送付する」といった内容のメールやSMS(ショートメッセージ)を送信して偽サイトに誘導し、個人情報等を騙し取ろうとする手口などがあります。

政府が個人・事業主を対象とした給付金を表明しているため、今後、給付金を名目とした詐欺も懸念されます。

このように犯人は、その時の社会情勢に敏感に反応し、あの手この手でお金や個人情報を騙し取ろうとしてきます。

被害に遭わないためにも、メールやSMSについては、表示されているサイトに不用意にアクセスをしない。電話については、留守番電話に設定し、番号登録している着信のみ、こちらからかけ直す事を徹底してください。

不審な電話に出てしまった場合でも、即答せずに電話を切り、家族に相談、または甲賀警察署62-4155にご連絡ください。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 生活環境課 交通対策・防犯係
電話番号:0748-71-2325
ファックス:0748-72-2201

メールフォームでのお問い合わせ