旧優生保護法による優生手術などを受けた方へ

更新日:2020年12月17日

昭和23年9月から平成8年9月までの間に優生手術(障害や遺伝等を理由にして子どもができなくなる手術)などを受けた方へ、国から一時金320万円が支給されます。支給には、ご本人からの請求が必要です。くわしくは、下記窓口へおたずねください。

  • 母体保護や治療を目的とするなど、優生思想に基づくものでないことが明らかな手術を受けた方を除きます。

 

旧優生保護法一時金受付・相談窓口(滋賀県健康寿命推進課内)

電話 : 077-528-3653

ファックス : 077-528-4857

メール : eg0002@pref.shiga.lg.jp

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 健康政策課

電話番号:0748-72-4008

ファックス:0748-72-1481

メールフォームでのお問い合わせ