幼児教育・保育無償化が実施されます。

更新日:2019年09月11日

令和元年10月より、幼児教育・保育無償化が実施されます。

3歳から5歳までの幼稚園、保育所、認定こども園などを利用する利用料が無償化されます。

0歳から2歳までの住民税非課税世帯の方も対象となります。

 

幼稚園、保育所、認定こども園、預かり保育、認可外保育施設等を利用されている子どもの利用料が無償化の対象となります。

対象者や無償化の対象となる利用料等の内容についてはこちらをご覧ください。

保育の必要性を受けるための申請書類

認可外保育施設等を利用している方で、無償化の対象となるには保育の必要性の認定を受けていただく必要があります。

以下の書類をご提出ください。

給食費(副食費)について

また、保育所の給食の材料に係る費用(給食費)については、自宅で子育てを行う場合も同様にかかる費用です。このため、保育所等を利用する保護者も、自宅で子育てを行う保護者と同様に、その費用をご負担いただくことが原則となりますので、無償化後も引き続き、保護者の皆様のご負担となります。

副食費図

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 幼児施設課
電話番号:0748-71-2328
ファックス:0748-72-3788

メールフォームでのお問い合わせ