ごみ収集車で火災事故が発生!

更新日:2019年07月01日

引火性のあるごみに気をつけてください

ごみ収集車で火災事故が発生!

5月27日、ごみ収集車で火災事故が発生しました。

 幸い発見が早く、収集車に被害はありませんでしたが、調査の結果、収集したごみの中に使い捨てライターが含まれていました。

ごみ収集車で火災事故の原因になった使い捨てライターが燃えたあとの写真

 爆発や発火の可能性のあるごみは、ごみ集積所や収集車両、処理施設の火災事故につながります。火災や事故防止のため、次のことを守っていただくようお願いします。

可燃ごみ

  • 「使い捨てライター」は、完全にガスを抜いてください。
  • 「花火・マッチ」は、水で十分濡らしてください。

空き缶

  • 「カセットボンベ・スプレー缶」は、必ず缶に穴を開けてください。

穴を開けるときは、風通しの良い野外で、周りに燃えやすいものを置かないようにしてください。

排出禁止物

  • プロパンガスボンベ、シンナー、石油類などは販売店などに引き取ってもらってください。

 事故防止のため、皆さんのご協力をお願いします。

問い合わせ先

リサイクルプラザ [〒520-3252 湖南市岩根136番地]

電話:0748-75-3933

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 生活環境課 環境保全・クリーンタウン推進係
電話番号:0748-71-2326
ファックス:0748-72-2201

メールフォームでのお問い合わせ