ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業

更新日:2019年12月05日

ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業とは

ひとり親家庭の親または児童が、高等学校卒業程度認定試験の合格を目指す場合において、民間事業者などが実施する対策講座を受講し、修了した場合に受講修了時給付金を支給するとともに、受講修了日から起算して2年以内に高卒認定試験に全科目合格した場合に合格時給付金を支給することで、学び直しを支援する制度です。

対象

市内にお住まいのひとり親家庭の親と児童で、次のすべての要件を満たす方が対象です。

  1.  児童扶養手当の支給を受けているか、又は同等の所得水準にある世帯
  2.  支給を受けようとする者の就学経験、修業経験、技能、資格の取得状況や労働市場の状況から判断して、高卒認定試験に合格することが適職に就くために必要であると認められる方
  3.  過去に本制度を利用していない方

対象講座

高卒認定試験の合格を目指す講座(通信制講座を含む。)で市が適当と認めたもの。

支給額

 受講修了時給付金

 対象講座の受講のために本人が支払った費用の20%

 (4千円以上で10万円が上限)

 合格時給付金

 対象講座の受講のために本人が支払った費用の40%

 (受講修了時給付金と併せて15万円が上限)

支給期間

 受講修了時給付金

 対象講座の受講修了後

 合格時給付金

 高卒認定試験に全科目合格後

申請方法

 事前審査と対象講座の指定

 受講開始前に事前審査と対象講座の指定を受けてください。

≪添付書類≫

  • 戸籍謄本及び世帯全員の住民票(省略のないもの)
  • 児童扶養手当証書の写し(受給している場合のみ)
  • 受講しようとする養成機関の資料、パンフレット等

 受講修了時給付金

 受講修了日から起算して30日以内に申請してください。

 合格時給付金

 合格証書に記載されている日付から起算して40日以内に申請してください。

≪添付書類≫

  • 戸籍謄本及び世帯全員の住民票(省略がないもの)
  • 児童扶養手当証書の写し(受給している場合のみ)
  • 受講対象講座指定通知書
  • 文部科学省が発行する合格証書の写し
  • 振込先の通帳の写し

注意: 児童扶養手当を受給されていない方は課税証明書が必要です。

  • 1~7月の申請は前年1月1日に、8~12月の申請は当年1月1日に居住していた市町村で取得してください。(湖南市に居住していた場合は不要です)

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 子ども政策課 児童福祉係
電話番号:0748-69-6123
ファックス:0748-72-3788

メールフォームでのお問い合わせ