防災行政無線について

更新日:2020年03月17日

市では、防災情報や重要な行政情報を市民の皆さんにお伝えできるよう、平成20年度から防災行政無線を放送しています。
市内全域に87基の子局(スピーカー)を設置し、気象情報や地震、土砂災害、洪水、避難に関する情報などを発信します。

防災行政無線による放送内容

  1. 地震(予知情報を含む。)、火災、台風、風水害等の情報に関する事項の伝達
  2. 気象庁が発表する重要な情報の伝達(特別警報等の発令など)
  3. 住民の生命及び財産に関わる緊急事項の伝達(避難関係情報など)
  4. 国民保護法に基づく情報の伝達(ミサイル発射情報など)
  5. 定時試験通報に関する事項の伝達(毎日午後5時の試験放送、訓練放送)
  6. 滋賀県及び公共機関からの依頼による重要事項の伝達
  7. その他市長が必要と認める事項の伝達

避難勧告や避難指示(緊急)を発令する場合はサイレンでお知らせします(避難準備・高齢者等避難開始を除く)。

サイレンパターン 30秒鳴動5秒休止の3回繰り返し画像

自動音声サービス

音声放送の内容が聞き取れなかった場合、電話で防災行政無線の放送内容を確認することもできます。
なお、問い合わせが殺到した際には、回線が繋がりにくくなることがあります。

湖南市防災行政無線自動音声サービス:0748-72-5040

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策部 危機管理・防災課
電話番号:0748-71-2311
ファックス:0748-72-2000

メールフォームでのお問い合わせ