手ごろな価格のクリーン・エネルギーの普及はなぜ大切か

更新日:2021年03月23日

手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

全世界の人々が電球を省エネ型に変えれば、世界は毎年1,200億ドル(約12兆7,200億円)を節約することになります。

7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに(アイコン)

解説

エネルギーは、世界がいま直面している主な課題と機会のほとんどすべてで中心的な位置を占めています。雇用であれ、安全保障であれ、気候変動であれ、食料生産であれ、所得の増大であれ、すべての人がエネルギーを利用可能にすることは必須です。この目標はその他の持続可能な開発目標とも相互に結び付いているため、その達成に向けた取り組みは特に重要となります。エネルギーへの普遍的アクセス、エネルギー効率の改善、新たな経済と雇用の機会を通じた再生可能エネルギーの利用拡大に注力することは、より持続可能で包摂的なコミュニティーをつくり、気候変動をはじめとする環境問題に対するレジリエンスを高めるうえで欠かせません。


現時点で、およそ30 億人がクリーンな調理法を利用できず、危険なレベルの空気汚染にさらされています。また、電力を利用できない人々も10 億人弱に上りますが、その50%はサハラ以南アフリカで暮らしています。幸いなことに、過去10 年間には水力、太陽光、風力による再生可能電力の利用について前進が見られており、GDP1 単位当たりエネルギー使用量も改善しています。


しかし、課題の解決には程遠いため、クリーン燃料とクリーン技術へのアクセスを拡大するとともに、建物や輸送、産業における最終用途への再生可能エネルギーの統合をさらに前進させる必要があります。官民のエネルギー投資も増額する必要があるほか、世界のエネルギー・システムを転換するための規制枠組みや革新的ビジネスモデルにさらに注力することも必要です。

事実と数字

  • 世界人口の13%は、依然として現代的電力を利用できません。
  • 30 億人が薪、石炭、木炭、または動物の排せつ物を調理や暖房に用いています。
  • エネルギーは気候変動を助長する最大の要素であり、全世界の温室効果ガス排出量の約60%を占めています。
  • 世帯エネルギーとしての可燃燃料使用による屋内空気汚染により、2012 年には430 万人が命を失っていますが、女性と女児はその10 人に6 人を占めています。
  • 2015 年、最終エネルギー消費に再生可能エネルギーが占める割合は17.5%に達しました。

【出典】国際連合広報センター

この記事に関するお問い合わせ先

環境経済部 環境政策課 地域エネルギー室

電話番号:0748-71-2302

ファックス:0748-72-2201

メールフォームでのお問い合わせ