責任ある消費と生産はなぜ大切か

更新日:2021年03月23日

持続可能な消費と生産のパターンを確保する

2050 年までに世界人口が96 億人に達した場合、現在の生活様式を持続させるためには、地球が3 つ必要になるといわれています。

12.つくる責任つかう責任(アイコン)

解説

持続可能な消費と生産とは、資源効率と省エネの促進、持続可能なインフラの整備、そして、基本的サービスと、環境に優しく働きがいのある人間らしい仕事の提供、すべての人々の生活の質的改善を意味します。その実現は、全般的な開発計画を達成し、将来の経済、環境、社会へのコストを低下させ、経済的競争力を高め、貧困を削減することに役立ちます。


現時点では、特に東アジアで天然資源の物的消費が増えています。各国は大気や水質、土壌の汚染に関する課題に引き続き取り組んでいます。


持続可能な消費と生産は「より少ないものでより多く、よりよく」を目指しているため、経済活動による正味の福祉向上は、ライフサイクル全体を通じて資源の利用、劣化および汚染を減らす一方で、生活の質を高めることによって促進できます。また、生産者から最終消費者まで、あらゆる人を巻き込みながら、サプライチェーンの運用を大いに重視する必要もあります。その中には、持続可能な消費とライフスタイルについて消費者を教育すること、基準やラベルを通じて十分な情報を提供すること、持続可能な公的調達に参画することなども含まれます。

事実と数字

  • 全世界の水資源のうち(飲用に適した)淡水は3%に満たず、しかも2.5%は南極や北極、氷河で凍り付いています。よって人類は、全体のわずか0.5%の淡水で人間生態系の淡水ニーズを満たさねばなりません。
  • 人間は、自然が河川や湖沼で再生、浄化できる以上の速さで、水を汚染しています。
  • 淡水にアクセスできない人々は、依然として10 億人を超えています。
  • 水の使い過ぎは、世界的な水ストレスを助長します。
  • 水は自然から無償で手に入るものの、給水のためのインフラには大きなコストがかかります。

エネルギー

  • 全世界の人々が電球を省エネ型に変えたとすれば、全世界で年間1,200 億米ドルが節約できます。
  • 技術の進歩による省エネの促進にもかかわらず、経済協力開発機構(OECD)諸国のエネルギー使用は、2020 年までにさらに35%の増大を続けると見られます。世界的に見て、エネルギーの使用が最も急速に拡大しているのは輸送部門ですが、商業用・住宅用のエネルギー使用がこれに次いでいます。
  • 2002 年の時点で、OECD 諸国の車両保有台数は5 億5,000 万台に達しています(うちマイカーは75%を占める)。2020 年までに、車の所有台数は32%増大すると見られます。また、自動車の走行キロ数も40%増大すると見られているほか、世界全体の空路輸送距離も同時期に3 倍に増える見込みです。
  • 家計は地球全体のエネルギーの29%を消費することにより、二酸化炭素(CO2)排出量の21%を占めています。
  • 2015 年、最終エネルギー消費に占める持続可能エネルギーの割合は、17.5%に達しました。

 

【出典】国際連合広報センター

この記事に関するお問い合わせ先

環境経済部 環境政策課 地域エネルギー室

電話番号:0748-71-2302

ファックス:0748-72-2201

メールフォームでのお問い合わせ